●イノセントくんお誕生日カードのお礼が2012/08

Img_d1a3eee2cf9ce3e08e3e3769f3f70eb6
5月のイノセントくんの誕生日に、封筒に入るサイズの小さなプレゼントを贈りました。
ワールドビジョンジャパンのチャイルドスポンサーシップ制度の中で、プレゼントを送りやすいシステムを整えてくださっているのでとてもしやすかったです。

それに対して、イノセントくんからお手紙が届きました!

「親愛なる AKA CALE プロジェクト 様

こんにちは。日本でみなさんは元気にしていますか?プロジェクトは順調に進んでいますか?プロジェクトがうまくいくといいですね。

ぼくは、いつもぼくたちを応援してくれる、あなたたたいの温かい愛情と親切に心から感謝をしています。ぼくに絵葉書とノートを送ってくれて、ありがとうございます。ぼくは一生懸命に勉強して、いい成績をとることをお約束します。
 
ぼくの両親も元気にしています。今は、豆と米の収穫の時期なので、両親は忙しく働いています。

いつもぼくのことを大切に思ってくれてありがとうございます。ぼくは、大好きなお友だちのプロジェクトのみなさんのために絵を描きました。

さようなら。
イノセントより」

という内容でした。
イノセントくんに代わって、プログラムの現地スタッフさんが英語で代筆してくれ、それを日本の翻訳ボランティアさんが日本語訳したものが届きました。ありがたいことです。


遠く離れた世界の場所で、赤カレの皆さんの愛が届いている。
小さなことだけど、本当のこと。
そして私たちは、イノセントくんの存在からまた何かを学ばせてもらう。
生活の中のほんの少しのことだけど、きっと何か意味があって、何かが共鳴しあって、何かにつながっていく。

イノセントくんと赤カレの絆に感謝。

●イノセントくん、小学1年生に!(2008年9月)

Img_b8c9cc732688e3942077e40bb80248f9
赤カレのスポンサーチャイルド、ウガンダのイノセントくんの報告書が
届きました!

どうやら毎年この時期に報告書が来るようです。いつも翌年のカレンダーを
作成してすぐなので、カレンダーには前年の写真が掲載されています。

さあて、内容を細かく見させていただきやしょう・・・

イノセントくんは、Primary school Grade1 (小学1年生)に在籍していました!
ウガンダの小学校が何月から始まるのか、ちょっと調べてみましたが、
わかりませんでした。イノセントくんは幼稚園には行ってなかったので、
初めてのどきどきわくわくの集団生活の始まりです!
ウガンダの義務教育は7年なんだそうです。

My Personality(性格)・・・ Friendly(人なつこい)
       人なつこい、人好きなのね!いいことやで〜!!

Household Chores(おうちの仕事)・・・ Drawing water(水汲み)
       こんな項目があること事体がスバラシイ。みんなのお水、
       がんばって遠いところから汲んでくるんだね。お水は大事だね。

Scholl activities(学校活動)・・・ Sports(運動)  
       他の項目は、歌、詩作、文化的ダンスとありました。
       イノセントくんは、スポーツ大好き!

Favorite Game(好きな遊び)・・・Ball Games(ボール遊び)
       他の項目は、人形、縄跳び、サッカーでした。
       ボールで遊ぶイノセント君の姿が目に浮かびます。

My favorite colour is(好きな色は)・・・ yello (黄色)
       うん、君には黄色よく似合いそう!!

Health Status(健康状態)・・・ Satisfactory(良好)
       やったーイノセントくん、元気いっぱい!健康第一!!

I have received Immunization(予防接種を受けました)

これは、伝染病とかで深刻な数のコドモタチが亡くなる発展途上国にとっては
大きな意味をなすところなのでしょう。


・・・と。コレは何かな・・・
Img_5be35c8d6c82092df8cbbfa6358d3e8f
・・・ん?これは・・・

学業成績!でありますよ。
average mark(平均点)は… 43% 
評価は、Below average(普通以下) です! と。

うふふ〜、イノセントくんは、勉強はちょっと苦手なようです♪
お手伝いもできて、元気いっぱいのイノセントくん、苦手なものが
あったって、ぜんぜん大丈夫!!


最後に、イノセントくん自身が描いてくれた絵がついていました。
Img_e9a6db012081cea2f2a7e875dfa7f74c
かいじゅうか?
ロボットか??
おひさまが描いてあるのが見える!

6歳の男の子の頭のなか・・・無限大の想像力。

運動大好き、人大好き、元気いっぱい、勉強はちょっと苦手。
Img_6cc901d717d490f0792cf5a7ebf51c06
このカワイイカワイイ笑顔に、来年もまた会えることを心から楽しみに…

●イノセントくんへバースデーカード(2008年5月)

Img_9071846bcec45b06b03a4593f0e53878
ウガンダのイノセントくんの誕生日が近づいてきました。すると、主催のNPO団体である、
ワールドビジョンジャパンから、バースデーカードセットが届いたのです。
なかなかイキな計らいです。
このカードと、シールのセット、かわいくないですか?

なんてセンスがいいんだ!!とまた感動。

支援者も気持ちがありながら、なかなかマメにお手紙をかけない現状に、簡単にコミュニケーションをとりやすく方法を考えてくださっていて、うーんスバラシイと感動しました。

イノセントくん、5月13日で6歳になります。
赤カレを応援してくださった皆さんのおかげで、今年も赤カレプロジェクトは、イノセントくんのスポンサーとしてあり続けられることに、感謝です!

●イノセントくんより、2回目のお手紙!(2007年9月)

Img_3c275d4d349f5b4c53e5bab8ba404aa4
Img_2fce5bb83b897e4947716b0041fa9f90
「親愛なる AKA CALE Projectの友達、

僕を愛してくれているあなたに感謝するために、
とても楽しんでこの手紙を書いています。
あなたとこうして繋がっていられることは僕にとって運命です。

あなたが送ってくれた手紙で僕や、僕の家族みんなは幸せになりました。
特別なこととして、あなたとあなたの周りのすべての人に挨拶を送ります。

アボガドは元気に成長しています。
次までさようなら。

ムギシャ イノセント」

内容は4歳の彼に代わってヘルパーさんの代筆でした。
イノセントくん本人が書いた「自分の名前」(ほよほよとえんぴつのみみずさんみたいのがありました・笑)が書いてありました。

「あなたをスポンサーチャイルドに迎えることができたのは、
たくさんの日本の母たちの、子どもを大切にしたい、という気持ちが
ひとつになったからなんです」

という表現で、ヘルパーさんも、イノセントくんも、果たして
「赤カレプロジェクト」を理解できたのでしょうか?

今すぐにわからなくても、彼がどれだけたくさんの人にその成長を見守られて
大事に思われているのか、いつかわかってくれる日が来たら素敵だなあと思っています。

ちょっと成長したイノセントくん。
ちょっとおめかししてはにかんで写真に写っています。
でも、はだしです(笑)
かわいい。元気もらっちゃうな。

おっと、それから、「ウガンダ(国)のイノセントくん」を、
誤って「ウガンダくん」とおっしゃる方がたまにおられます(笑
ウガンダという名前の芸人さんが、昔いたような… だからかしらん??

また、お手紙書きます。イノセントくんと同じ年の次女のことも書こう。
赤カレに関わってくださってる方からも、イノセントくんに伝えたいことや写真があればお伝えさせていただきますよ〜

●スタッフより、イノセントくんへ初のお手紙(2007年7月)

Img_f620862ef757cf2d3182bbef92290d3e
初めてのイノセントくんへのお手紙をかきました。

あんまりうだうだと書くのも説明するスタッフの方も大変だろうし、
イノセントくんもわからないと思うし、
簡潔に、でも、イノセントくんには「たくさんの日本の母」がいることだけは
伝えたかったので、スタッフの方がわかるように赤カレ報告書も同封することにしました。

内容は以下のとおり。
「ムギシャ イノセントくんへ

はじめまして!
イノセントくん、お手紙ありがとう。
あなたからのお手紙を、たくさんの「日本の母」が読みました。
あなたとお友だちになれたことに、
みんなとてもとてもうれしい気持ちになりました。
あなたをスポンサーチャイルドに迎えることができたのは、
たくさんの日本の母たちの、子どもを大切にしたい、という気持ちが
ひとつになったからなんです。

イノセントくん、
あなたやあなたの周りの皆の幸せを日本から心よりお祈りしています。
おいしいアボガドをたべて、
おとうさんおかあさんのお手伝いをいっぱいして、
毎日たくさん笑ってすごしてね。

またお手紙くださいね。
心を込めて」

赤カレに関わってくれたたくさんの方々の顔を思い浮かべながら、心を込めて代筆させていただきました。
皆さんありがとうございました!!

毎日毎日やまない、子どもに関する胸が痛くなるニュース。
私たちの活動は本当にちっぽけなものだけれど、何か、小さな一歩になったらいいな。
ハハタチの思いを集めて、小さな光になれたらいいな